ソフトウエア開発のオプティム(本店・佐賀市、菅谷俊二社長)が15日発表した2020年3月期決算(連結)は、売上高が67億2800万円で20期連続で過去最高となった。経常利益は2億5900万円。積極的な研究開発投資を実施しつつ、3期ぶりの増益を確保した。純利益は1億1700万円。今期から連結での発表となっている。

 主力の法人向けパソコンやスマートフォンなどを管理するサービスが堅調に推移し、新規の人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)のサービス受注が好調で収益を押し上げた。年間配当は見送った。

 引き続き研究開発投資に力を入れ、21年3月期は売上高で最大80億8千万円、経常利益で最大16億1600万円、純利益で最大10億2800万円を見込む。

 新型コロナウイルスの影響については、テレワークや遠隔診療などで需要が見込める一方、顕在化していないリスクも考えられるとして、売り上げ予想に最大10%程度の幅を持たせている。

このエントリーをはてなブックマークに追加