九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の敷地内にある二つの焼却炉で、運用開始当初から約40年にわたって放射性物質トリチウムの放出量算定に誤りがあった問題で、九電は15日、原因と再発防止策を公表した。