藤津郡太良町は15日、新型コロナウイルス対策として、町民への商品券配布や町内の事業所を対象にした支援金給付など独自の経済支援策の事業費約2億1755万円を盛り込んだ予算を専決処分した。町民向けの商品券では、消費を喚起するため大人1人あたり1万5千円分を配布する。

 町企画商工課によると、支援金は旅館が30万円、そのほかの商工業者や中小事業者などは20万円。6月中旬から申請を受け付け、7月をめどに支給を開始する。町内で使える商品券は7月下旬をめどに各家庭に郵送する。大人1人に1万5千円、高校生以下にも1人2万円分を配布する。

 今回の支援策は、「太良町旅館・飲食店応援キャンペーン」に続く第2弾。国交付金とふるさと応援寄付金を財源とする。永淵孝幸町長は「影響が出ている農業や漁業者などへの支援策も協議している」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加