危険ドラッグを佐賀県独自に規制する条例が2月1日に施行されるのを前に、県と県警、不動産業界2団体は29日、製造工場や販売店の進出を水際で防ぐための協定を締結した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加