伊万里署は15日、監禁と暴力行為法違反の疑いで、西松浦郡有田町広瀬甲の男(63)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は4月24日午後3時15分ごろから45分ごろまでの間、親族の30代女性を自宅の一室に包丁を示して監禁し、女性の腹部などに包丁を突きつけ、「死ね、刺すのは首がいいか」などと脅迫した疑い。「私は知りません」と容疑を否認している。

 同署によると、男は4月25日、傷害容疑で逮捕され、被害関係者の話などから今回の容疑が明らかになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加