佐賀市は3月から、飲食店での食べ残しを減らす「3010運動」(仮称)を始める。懇親会などの宴席で初めの30分間と終わりの10分間、席について食事をしてもらうことで食べ残しを少なくし、増加傾向にある事業者から出るごみの削減を目指す。