リニューアルした「みんなの観光協会」のサイト

 基山町の「エスビージャパン」(中元英機社長)が運営する観光情報サイト「みんなの観光協会」がリニューアルした。自治体などの利用者が直接、情報を更新できるようになって利便性が向上したほか、多言語翻訳に対応し、外国人観光客らの取り込みも推進する。

 同サイトは2016年に開設され、自治体や各地の観光協会、観光業者などが主な利用者。約220地域の情報が掲載されており、月間約12万回の閲覧があった。これまでは情報を発信したい自治体などが同社にメールで情報を送り、同社がサイトを更新するシステムだった。

 リニューアル後の新サイトでは、同社が自治体などに投稿専用IDを発行し、利用者が情報発信・更新できるようになった。またアジアやヨーロッパなど20カ国語への翻訳も可能で、外国人へのアピールも容易になった。併せて自治体などの投稿とは別に、SNSで発信力のある留学生インフルエンサーによる日本の魅力発信記事も掲載予定という。

 情報を発信したい自治体などの初回登録料は3万円だが、新型コロナウイルスの影響で疲弊する観光地などを応援するため、無料キャンペーンを実施。情報掲載は月1件まで無料で利用できる。閲覧は無料。同社は「閲覧者が出掛けたくなるようなサイトにしていきたい」と話している。問い合わせは同社、電話0942(85)7712。

このエントリーをはてなブックマークに追加