吉野ケ里の集落は、弥生時代の後期後半(3世紀)に最も栄えました。この時期の外環壕と呼ばれる巨大な空堀は、南北1キロ以上、東西最大0・5キロ、内面積約40ヘクタールという日本最大級の規模です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加