選手同士の距離を保ちながらも久しぶりのピッチでの練習に笑顔を見せるサガン鳥栖の豊田陽平選手ら=15日午前、鳥栖市の北部グラウンド(撮影・志垣直哉)

1カ月半ぶりに練習が再開し、ピッチで汗を流すサガン鳥栖の松岡大起=15日午前、鳥栖市の北部グラウンド

感染防止対策のため、間隔を空けて練習するサガン鳥栖の選手=15日午前、鳥栖市の北部グラウンド

感染防止対策のため、間隔を空けて練習するサガン鳥栖の選手=15日午前、鳥栖市の北部グラウンド

約1カ月半ぶりにサガン鳥栖が練習を再開。選手の動きを見守るサガン鳥栖の金明輝監督(左)=15日午前、鳥栖市の北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休止していたトップチームの全体練習を、1カ月半ぶりに再開した。「3密」を避けるため、選手たちは間隔を空けてドリブルやパス回しを行い、久々にピッチの感覚を確かめた。

 全体練習を再開するのはJ1クラブでは初めて。金明輝(キン・ミョンヒ)監督は練習前、自粛期間中もSNSでファンにメッセージを発信してきた選手たちに感謝を示し、リーグ再開に向け、感染対策を徹底して練習に取り組むことを説明した。

 選手たちは念入りにウオーミングアップをした後、ダッシュやロングパスの交換など基礎練習を約1時間半行った。FW豊田陽平は「(練習再開は)Jリーグでも最初の一歩になるので、(感染対策に)責任を持って、鳥栖モデルをつくっていかなければいけない」と話した。

 サガン鳥栖は感染防止対策としてクラブハウスの使用を中止し、着替えのために屋外に大型テントを設置した。選手の検温や行動記録の報告を義務づけ、共用ドリンクも禁止している。練習は当面、非公開で行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加