ライブハウスや劇場などで「3密」を避けた活動が求められる中、公演とオンライン配信を組み合わせた文化芸術祭を開く。開催時期は未定だが、県文化課は「できるだけ早い段階で始めたい」としている。

 県内のライブハウスなどでは、休業要請よりも早い段階から営業を自粛し、イベントの中止も相次いだ。現場からは「『新しい生活様式』の中でどう活動すればいいのか」といった声があり「LiveS Beyond(ライブス ビヨンド)」と銘打って文化芸術活動の場を新たにつくる。

 ライブハウスなどの無観客ライブ配信を60回程度実施し、映像作品も約10点の制作を見込む。25の文化芸術団体によるワークショップやパフォーマンスの開催も想定し、計7843万円を計上する。

このエントリーをはてなブックマークに追加