佐賀県の山口祥義知事は14日、新型コロナウイルス対策として、総額538億744万円の2020年度一般会計補正予算案を発表した。「感染拡大防止と医療体制の整備」「雇用維持と事業継続」の2本柱で構成する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加