神埼郡吉野ヶ里町は、アウトドアパーク「アドベンチャーバレーSAGA」を16日に一部オープンすると発表した。

 施設は、町営キャンプ場「トム・ソーヤの森」を改修して、フランス発の自然共生型アスレチック施設として整備しており、新型コロナウイルスの感染拡大を受け開園を延期していた。今回、木々の間をワイヤを伝って渡り歩くコースがあるエリアの一部をオープンする。

 感染防止対策として、利用者は検温や消毒を行い、手袋を着用する。トイレや更衣室は一人ずつ利用。コースは一方通行となるため、完全予約制にして入場者数を制限し、間隔を開けて遊べるようにする。

このエントリーをはてなブックマークに追加