手作りのジェラートでお客さんを笑顔にしている塚島信子さん

 鹿島市常広の塚島ファームで酪農を営みながら、手作りのジェラート作りに励んでいる塚島信子さん(45)。愛情いっぱい育てた牛たちの搾りたての生乳を形にしたいと構想を重ね、約4年前に「ステラ」とネーミングして商品化しました。

 ステラとはイタリア語で「星」の意味。5種類のジェラートは着色料や保存料を使わず、ほのかな甘みが口の中に広がります。ミルクの風味を生かすため、卵は一切使っていないそうです。

 「出来たてを食べてほしいので、将来はジェラートショップを開きたい」と塚島さん。地方発送も受け付けています。問い合わせは、電話0954(62)0238。(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加