北海道登別市の刺しゅうサークル「登別アシリの会」が作るアイヌ民族の文様を施したマスクが人気だ。文様には魔よけの意味があり、今月7日に菅義偉官房長官が記者会見で着用して話題になった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加