佐賀県警が発注した警察官用の警備靴を期限内に納入しなかったとして、県は13日、作業服などを扱うミドリ安全佐賀(佐賀市)を2週間の入札参加資格停止処分にすると発表した。期間は14日から27日まで。

 県によると、県警は昨年11月、警備靴64足を約54万円で購入する契約を同社と結んだ。納入期限の今年3月27日までに納入されなかったため、県警が同30日に契約を解除した。同社は「工場への発注をし忘れていた」と話しているという。

 県警会計課は「警備靴は警察学校の初任科生用で、業務に大きな支障はない」とし、別の業者に発注済みとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加