109シネマズホームページのスクリーンショット

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請を佐賀県が解除したのを受けて、県内の映画館が15日から順次営業を再開する。

 15日の佐賀市の109シネマズ佐賀とシアター・シエマを皮切りに、18日にはイオンシネマ佐賀大和が上映を再開する。唐津市のシアター・エンヤも、近日中の再開を目指している。

 各館は座席の間隔を1席ずつ空けるほか、飲食・物販コーナーに仕切りを設け、来場者にもマスク着用を義務づけるなど感染予防対策を徹底する。

 県は感染防止のため、各館に独自のガイドライン作成など対策を呼び掛けてきた。各館は県や全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)から「3密」を避ける工夫などの助言を受け、再開に向けて準備を進めてきた。

 109シネマズ佐賀の柿添健二副支配人は「スタッフがそろい、再びお客さまを迎えられることに安堵している。お客さまに協力していただくことがたくさんあるが、一緒に乗り越えてほしい」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加