このところの外出自粛の影響で、オンラインショップの利用が増えているようです。若者の5割が「利用が増えた」とする調査結果も出ています。利用増と同時に、それをかもにする悪質な業者が続出しており、Amazon(アマゾン)での詐欺行為も多発しています。

 Amazonには、Amazonが直接販売している商品と、外部の出品者がAmazonのサイトを使って販売している商品があります。この売り場「Amazonマーケットプレイス」でのトラブルが後を絶ちません。商品が届かなかったり、商品に問題があったりした場合はマーケットプレイス保証が適用されるようですが、保証申請にも期限があり手続きも必要です。

 事前に、信用できるサイトかどうかをチェックする「サクラチェッカー」というサービスがあります。Amazonで販売されている商品のレビューを分析して、その書き込みのサクラ(やらせ)度を判断します。信用するかどうかは自由ですが、初めてのショップの場合は試してみてはいかがでしょうか。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加