「修学旅行に行きたいプロジェクト」として、感染予防の心掛けを宣言文にした鏡中の生徒会=唐津市の同校

 新型コロナウイルスの影響で延期になった修学旅行をどうにか実現させたい-。唐津市の鏡中の生徒会が「修学旅行に行きたいプロジェクト」と銘打ち、収束に向けて自分たちでできる感染予防を宣言文にした。生徒たちは「自分たちが行動して示し、周りの生徒にも広げていきたい」と力を込める。

 緊急事態宣言が全国に拡大されて休校になる前の4月17日、生徒会長の中山綜一朗さんが校内放送で呼び掛けた。「ショッピングセンターなど人が多く集まる場所に行かない」「感染した人への差別をせず偏見を持たない」「むやみに外出せず、友だちと遊び回ることはやめる」など五つの方針を読み上げた。

 3年生は5月に広島への修学旅行を控え、昨年度から生徒実行委員会で準備を進めてきた。新学期がスタートし、9月に延期と知らされ、立ち上がった。中心となったのは3年生6人。4月は県内でも感染が広がり、北村真実さんは「勉強も遅れているから、延期と聞いても修学旅行がなくなるかもと不安だった」と振り返る。「自分たちでできることをしよう」と先生と相談し、思いを文章に込めた。

 宣言文は全校生徒に配布された。友人からは「生徒会も考えてくれてるんだね」との声もあり、中山さんは「行けるかどうか、みんなが考える一歩になったと思う。まだみんなを引き込めていないので、もっと伝えられる方法を考えたい」と話す。

 4月下旬から再び休校し、プロジェクトは一時休止したが、楢田佑奈さんは「休みの間も芸能人や歌手がそれぞれの分野で活動していると知った。自分たちにできることは何かと改めて考えた」。14日の学校再開後、賛同する生徒を募り、宣言を実行してもらう方法を考えるという。江川俊之校長は「子どもたちが動くことで、周囲や大人も行動を振り返る機会になると思う」と見守る。

 

 鏡中生徒会の宣言文全文はhttps://www.saga-s.co.jp/common/saga/images/v1/usr/kodomo/46aadb200514.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加