佐賀県労働組合総連合(県労連)は新型コロナウイルスの流行を受け、労働相談の電話窓口を16日に開設する。午前10時から午後5時まで。無料。

 全国労働組合総連合が取り組む全国一斉ホットライン設置に伴い、県労連も電話窓口を開く。労働組合役員らが対応し、必要に応じて弁護士や医療関係者などにつなげる。

 県労連によると、電話での相談は例年よりも増えており、「コロナの影響で勤務日数が減り不安だ」といった声が寄せられている。稲富公一事務局長は「一人では解決できない問題もある。親身に相談に乗るので気軽に電話してほしい」と呼び掛ける。

 相談窓口は県労連事務所、電話0120(378)060。

このエントリーをはてなブックマークに追加