新型コロナウイルスの拡大防止策として、佐賀県は12日、佐賀空港(佐賀市川副町)の到着口に利用者の体温を自動測定するサーモグラフィーを設置した。羽田、成田便の到着便を対象に31日まで実施する予定だが、延長することもある。 初日は、午前11時半到着の羽田便の利用者約20人を対象に体温を測定した。