道路横断時に潜む危険を感じてもらおうと、唐津市厳木町の厳木公民館で19日、高齢者を対象にした交通安全教室が開かれた。約30人が模擬装置を使った歩行を体験し、左右確認の大切さなどをあらためて意識した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加