「佐賀市いじめ撲滅大使」に任命されたプロレスラーの将火怒さん。左は東島正明教育長=同市役所大財別館

 「佐賀市いじめ撲滅大使」に、覆面プロレスラーの将火怒(まさかど)さん(37)が任命された。本年度に設けた大使で、任期は2023年3月まで。今後、市内の小中学校であいさつ運動や出前授業を行っていく。

 将火怒さんは岡山県出身。アニマル浜口さんの下で修行し、24歳の時にデビュー。現在はフリーのプロレスラーとして活動している。

 自身も小学生の時にいじめに遭い、不登校になった経験から、「地域活性化いじめ撲滅プロレス実行委員会」(佐賀市)の一員として県内の小中学校や高校で出前授業などを行ってきた。市内の小中学校では2018年度に13校、19年度に24校で出前授業を行った。

 8日に市役所であった交付式では、東島正明教育長が委嘱状を手渡し、「出前授業ではどういう生き方をしたのかを話していただいた。各学校で指導してもらえることは心強い」と期待を込めた。将火怒さんは「夢を持つことや『嫌なことは嫌』と言うことを伝えてきた。大使の名に恥じぬよう頑張っていきたい」と抱負を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加