佐賀銀行(坂井秀明頭取)は、スマートフォン専用アプリの導入に向け、ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下のiBankマーケティング(福岡市)と業務提携した。2021年の年明けにもサービスを始める。

 同行総合企画部によると、iBankの株式を一定割合取得する。業務提携には人材交流も含まれ、4月1日からすでに行員を派遣している。

 サービスが始まれば、佐賀銀行の口座を持つ人がiBankが運営するスマホ専用アプリ「Wallet+(ウォレットプラス」)を利用できるようになる。口座残高や収支管理、資産運用や目標を設定しての目的預金など各種金融機能をはじめ、ポイントやクーポン機能、情報コンテンツの配信が可能となる。

 口座開設や、振込振替などのインターネットバンキング機能は既存の「佐賀銀行アプリ」が引き続き担う。

 今回の資本業務提携が佐賀銀行の連結業績に与える影響は「軽微」と見込んでおり、必要があれば速やかに開示する。

このエントリーをはてなブックマークに追加