唐津署は10日、警察官を装い、新型コロナウイルスに関する給付金の支給に便乗した不審電話が発生したと発表した。「警察署などから給付金に関して個人宅を訪れたり、電話を掛けたりすることはない。個人情報を教えないで」と注意を呼び掛けている。

 唐津署によると、10日午前11時ごろ、他県に住む男性の携帯電話に「唐津署コロナ対策本部」の担当者をかたる電話があった。「給付金を受け取っていますか? 受け取っていなければ、本部の方で順に振り込むような手続きを行う」などとうそをつき、銀行の口座番号や暗証番号を聞き出そうとした。男性は不審に思い、唐津署に通報した。

このエントリーをはてなブックマークに追加