新型コロナウイルスの感染拡大で、視覚・聴覚障害者の7割が生活に不便を感じ、5割超の人がコミュニケーションに不安を抱いている―。支援団体が4月下旬に行ったアンケートで、こうした実態が分かった。