パナソニックは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、建物の中で除菌剤を噴霧しながら自動走行するロボットを開発した。すでに病院などで薬や検体を運ぶために使われている自社開発のロボット「ホスピー」を改良した。【共同】

 ホスピーは休日や夜間など人手が足りない時に、医師や看護師らに代わって活動する。あらかじめ記憶した地図情報をもとに、設定された目的地までの経路を自ら決めて動く。高度なセンサーを搭載し、障害物を避けて安全に走行する。

 パナソニックは今回、ホスピーに除菌剤の噴霧機能を新たに搭載した。人が除菌するには労力がかかる広い施設などでの活用を想定している。

 パナソニックはコロナ対策支援として、ホスピーを病院や公共施設などに提供する考えだ。商品化も検討しており、今後、実証実験を進めて課題を検証していく。

このエントリーをはてなブックマークに追加