佐賀県後期高齢者医療広域連合(連合長・横尾俊彦多久市長)は30日、佐賀市の75歳以上の保険料などについて、2012年度以降、被保険者延べ35人に計約203万円の徴収漏れがあったと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加