昨年の家族の絵コンクールで最優秀賞に輝いた針尾小梅ちゃん(海童保育園=鹿島市)の作品「おかあさんとおとうとといもうととおふろタイム」

 新型コロナウイルスの感染(かんせん)が広がっているため、外出できず、おうちで家族と一緒(いっしょ)に過(す)ごす時間が多くなっています。今こんな時だからこそ、お父さんやお母さんなど大好きな家族を絵に描(えが)いてみませんか? 佐賀新聞社は子どもたちから「家族の絵」を募集(ぼしゅう)しています。
 絵が得意な子も、ちょっと苦手な子も、家族との楽しい思い出を描いてみませんか。いい作品にするには、「お母さんと一緒に料理を作っているところ」「仕事をがんばる大好きなお父さん」「お兄ちゃんと一緒にサッカーをしているところ」「おばあちゃんと掃除(そうじ)して気持ちよかった」など、家族の日常(にちじょう)の楽しさが伝わる場面を描くといいでしょう。がんばって絵を仕上げることができれば、大切な家族のことがもっともっと好きになってくるはずです。
 下の募集要項(ようこう)をよく確認(かくにん)して、佐賀新聞社に申(もう)し込(こ)んでください。

募集要項

・対象 県内在住の幼児(3歳以上)と小学生
・画題 家族の絵(ペットのみは不可)
・描画材料 自由(ただし油絵を除く)
・規定 本人が制作したもので1人1点。画用紙は四つ切り(約38センチ×54センチ)を、必ず縦に使用。作品の裏面右下に、氏名(ふりがなを忘れずに)、性別、学校・園名または団体名、学年(幼児は年長・年中・年少の区別)、作品名を明記する(所定の作品票があります。希望者はご請求ください)。応募作品に関する所有権・著作権などの権利は主催者に帰属します。また、主催者が入賞作品を広告や印刷物、電子媒体などに使用することがあります。
・賞  最優秀賞、ミサワホーム佐賀賞、特選、準特選、佳作、入選など
・受付 持参の場合は 5月29日までの午前9時半から午後5時まで。土・日曜日を除く。30日は午後1時まで、送付の場合は31日到着分まで受け付けます。
・持参先・送付先・お問い合わせ
    〒840-8585 佐賀市天神3丁目2の23、佐賀新聞社アド・クリエート部内 「家族の絵コンクール」係、電話0952(28)2195、ファクス0952(29)4709
・展示 6月30日~7月11日佐賀新聞ギャラリー(予定)
・表彰式 7月12日 佐賀新聞社(予定)


主催 佐賀新聞社 協賛 ミサワホーム佐賀

このエントリーをはてなブックマークに追加