国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門を巡り、国が漁業者に開門を強制しないように求めた請求異議訴訟の差し戻し審で、漁業者側弁護団は8日、福岡高裁が29日の進行協議を中止したことを明らかにした。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言延長を受けた措置とみられる。差し戻し審は2月に始まったが、3月25日の進行協議と4月27日の口頭弁論の期日は取り消されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加