佐賀市医師会は、新型コロナウイルス感染症対策として、発熱者への対応を振り分ける「発熱トリアージ」を佐賀市水ヶ江の同会の駐車場で開始した。感染症指定医療機関の負担軽減やかかりつけ医の不安解消を図る。 市や郡の医師会によるトリアージは、県医師会が4月に決定した。