アケビ

 アケビは日本各地の日当たりのよい山野に自生するツル性の植物です。しかし、昔ながらの自然が減った今日では目にする機会も少なくなりました。

 他の樹木にツルを巻き付け育つアケビは4、5月に淡紫色の雄花と雌花を咲かせます。秋には紫色の長いタマゴのような形の実ができますが、この実は熟すと果皮が割れ、中から白いゼリー状の果肉に包まれた種子が現れます。

 若葉、果肉、果皮は食用、ツルは薬用。生薬名の「木通」は中が空洞で空気が通ることから付けられており、利尿や通経、消炎などの効果があります。またツルは丈夫なため、カゴやいすを編むなど生活の中でも広く用いられてきました。

 花言葉の「才能」は食用やくすり、細工物として幅広い使い道があることから付けられたのでしょう。(中冨記念くすり博物館)

このエントリーをはてなブックマークに追加