佐賀県の20市町は7日までに、新型コロナウイルス対策で臨時休校中の公立小中学校について、県立学校と同様に14日から再開することを決めた。一部の市町では再開に先駆けて11~13日に登校日を設けた。

 各市町は県が県立学校を14日に再開することを5日に決めたことを受け、対策本部会議や教育委員会で対応を協議した。

 6、7の両日は13市町が会議を開き、鹿島市や鳥栖市、三養基郡みやき町、上峰町などが11~13日に登校日を設けることを決めた。児童生徒の健康状態を把握し、生活の変化に慣れてもらうことなどを目的にしている。

 中学校の部活動も多くの市町で14日から再開する。対外試合や合同練習については密集を避けるために当面の間、自粛を求める。

 公共施設に関しても、利用を市民や町民に限定するなど条件付きで、制限を緩和していく。

このエントリーをはてなブックマークに追加