コラム写真

 最近はコロナウイルスの影響で、仕事にも家庭環境にもストレスを感じる毎日だと思います。わが子との関わり方を中心に投稿していましたが、こういう思いもシェアしたいと思います。

 まず、地元の飲食店への影響が計り知れない。自粛モードの中、さらには緊急事態宣言の発令もあり、飲み会はもちろん、外食自体の機会さえ減っています。飲食業ではない私でも、こういう状況は決して人ごとではないんです。大切な家族やわが子との幸せな時間を過ごさせていただいた数々の地元の飲食店。そのお店が危機的状況に立たされています。しかも、そんなお店の経営者さんの中にも、私たちと同じパパが居るんですよ。自分に置き換えたらって思うと、何かできることはないかと真剣に考えます。

 外食。家計を管理している、多くのママからしたら、お金もかかるし、家で済ませた方が…とか、疲れて帰ってくるパパにできるだけ手作りの夕食を…とか思う人も少なくないと思います。

 だからこそ、パパ! パパの方から、「たまにはテイクアウトにしない?」と声をかけてあげられませんか? ママも食事の準備をせずに後片付けも楽だと助かりませんか? しかも、パパの方から言われたら罪悪感なく実行できませんか??

 いまパパ~いまりパパネットワーク~の活動も、パパだけの満足の場ではなく、ママの笑顔や子どもの笑顔を通じて家族みんなが笑顔になれることを目指しています。自宅で、ママの負担を減らし、プロが作るおいしい夕飯を家族で囲み、子どもたちも含めて皆で笑顔になるきっかけになるのでは。もちろん、飲食店だけではなく、皆、何かしらの影響があり、不安があると思います。だから、別に特別なことをしなくてもいいと私は思います。

 たまにでもいい! 月に1回でもいい! 「今日の夕飯はテイクアウトにしようか」って♪ 今日は仕事の合間にテイクアウトでピザを食べました! 私自身も、今の自分にできることをできる範囲で役に立てればと思っています。(パパ記者・片桐亮=いまパパ~いまりパパネットワーク~代表)=片桐さんのコラムは随時掲載しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加