政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は、「人との接触を8割減らす、10のポイント」を示しました。同会議では、基本的な感染症対策として、手洗いや咳エチケット等の重要性や「3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)」の回避などを呼びかけています。
 これらに加え、新たに以下の10のポイントが示されました。

関連記事:<新型コロナ>新しい生活様式 面会をメモ、横並びで食事

厚労省ホームページから「人との接触を8割減らす、10のポイント」

 

 ①ビデオ通話でオンライン帰省 

 
 

 外出を自粛していても、テレビ電話ならお互いの姿を確認できます。 (インターネット接続が必要です)

 

 

 ②スーパーには、1人または
  少人数で空いている時間に 

 混んでいる時間を掲示している店もあります。
 お店の入り口に配置してある消毒液も活用しましょう。

 

 ③ジョギングは少人数で
  公園はすいた時間、場所を選ぶ 

 

 緊急事態宣言中は閉まっている公園もあります。

 公共施設の開館状況は、お住まいの自治体に確認しましょう。

 関連記事:「佐賀県内7市町も14日に学校再開」
     「4市町も14日に小中学校再開へ 県方針に対応」

 

 ④急がない買い物は通販で 

 インターネットでの購入は便利ですが、フィッシングサイトなど危険と隣り合わせです。また、手軽さから買いすぎる恐れもあります。責任を持って利用しましょう。

 

関連記事:「ネット寺子屋 フィッシング詐欺、さらに巧妙化」
     「ジンジン博士のケータイ新書 巧妙化するネット詐欺」

 

 ⑤飲み会はオンラインで 

 

 お酒に限らず、昼間に開く「オンラインお茶会」もあります。

 終電を気にせず、自分の好きなものが食べられる、などのメリットがあります。(インターネット接続が必要です)

 

 ⑥診療は遠隔診療 

 

 定期受診は間隔を調整しましょう。

関連記事:「新型コロナで初診オンライン容認 厚労省」
     「<診察室から>よりよい医療を受けるためには」

 

 

 ⑦筋トレ・ヨガは自宅で動画を活用 

 外出自粛で運動不足が懸念されます。家の中で出来る運動を心がけましょう。

関連記事:「<新型コロナ>運動不足・ストレス解消策 日光浴が有効」
     「鎌田實さんコラム(30)頭使いながら運動しよう」
     「佐賀弁ラジオ体操人気 巣ごもり生活で再生回数急増」

 

 ⑧飲食は持ち帰り、宅配も 

 

 外出自粛で飲食店が苦境のなか、テイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(配達)で支援する動きが広がっています。

「テイクアウトやってます!」ページはこちら
 県内のテイクアウト応援サイトまとめページはこちら

 

 ⑨仕事は在宅勤務 

 政府は企業等に時差出勤、テレワークを実施するよう推奨しています。オフィス業務や通勤時など、人的な接触の機会を減らすことで感染リスクを下げる目的があります。

 関連記事:「ウェブ会議の背景画像、提供続々、ジブリも」
      「<今だから伝えたい>企業トップメッセージ」

 

 ⑩会話はマスクをつけて 

 うつらない、うつさないために、マスクをつけましょう。手洗い・咳エチケット・換気や健康管理も重要です。

関連記事:「感染拡大防止に一定の効用 マスク着用でWHO」
     「新型ウイルスの対策と備え 健康特集2020」

3つの密を避けましょう
1.換気の悪い密閉空間
2.多数が集まる密集場所
3.間近で会話や発生をする密接場面

参考:厚労省ホームページ「人との接触を8割減らす、10のポイント」


 

このエントリーをはてなブックマークに追加