俳優の武田真治さん、お笑い芸人のなかやまきんに君、お笑いコンビオードリーの春日俊彰さん…。共通するのは筋肉がすごいこと。鍛え上げた肉体をテレビで披露していた。CMでも、肉体改造に成功した人のビフォーアフターが映し出される。うらやましくもあり、努力せずビフォーのままで終わっている自分が情けなくもあり◆筋力トレーニングがきつくても続けられるのは「筋肉はうそをつかないから」と誰かが言っていた。鍛えた成果が形になって見えるということだろう◆コロナ禍で打ち出された緊急事態宣言が今月31日まで延長された。こちらは、宣言の効果が目に見えて表れるというわけにはいかなかった。だが、続けてきた努力が無駄だったわけではない。そもそも、簡単には先行きが見通せない、苦難の道と覚悟していたはず。分かったつもりで先を急ぐのではなく、一歩ずつ着実に進んでいこう。「百里を行く者は九十里を半ばとす」だ◆さて、GWに断捨離に挑戦した。「今の自分に必要か、ふさわしいか、心地よいか」の要・適・快を唱えて片づけるが、なかなか難しい。すると「ウエストが入らなくなったズボンはどうするの?」と妻が問う。処分したが、不適が増え続けるのも問題◆「百里の道も一歩から」。あすからの新しい生活様式に筋トレを取り入れてみよう。(義)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加