厚労省は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための指針をホームページで公開している。家族に感染が疑われる場合の注意と8つのポイントは以下の通り。

1. 部屋を分ける
2. 感染者の世話は限られた人で
3. マスクをつける
4. こまめに手を洗う
5. 換気をする
6. 共有部分を消毒する
7. 汚れた服やリネンを洗濯する
8. ゴミは密閉して捨てる

 1.部屋を分ける

● 感染が疑われる人とは、食事や就寝時も別室に

 子どもがいる、部屋が少ない場合などは、2メートルの距離を保ち、仕切りやカーテンを設置
 寝るときは頭の位置を互い違いにする

● 本人は部屋から出ないようにする

 トイレやお風呂など、共有スペースの利用は最小限に

 

 2.感染者のお世話は限られた人が行う

 糖尿病や心臓・肺・腎臓に持病がある人、免疫力が低下している人、妊婦は接触を避ける

 

 3.マスクをつけよう

 

● 使用したマスクは他の部屋に持ち出さない

● マスクの表面には触れない

 マスクを外すときは、ゴムやひもをつまんで外す

● マスクを外した後は石けんで手を洗う(アルコール消毒も可)

 

 4.こまめに手を洗う

● こまめに手を洗ったり、アルコール消毒を行う

 洗っていない手で目や鼻、口などを触らない

 

 5.換気をする

● 定期的に換気を行う

 共有スペースや他の部屋も、窓を開け放すなど換気をする

 

 6.手で触れる共有部分を消毒する

● 皆が触れる部分(ドアの取っ手やベッド柵)を消毒する

 薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きする
 (家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、使用量の目安に従って薄める。目安濃度は0.05%)

 

● トイレや洗面所は、家庭用洗剤ですすぎ、こまめに消毒する

 感染者が使用したものを分けて洗う必要はない
 衣類や食器は、通常の洗浄でOK

● 洗浄前のものを共用しない

 洗面所など、共有スペースのタオルに注意する

 

 7.汚れた服やリネンを洗濯する

● 体液で汚れた衣服、シーツやタオルを取り扱う際は、手袋とマスクをつけて通常通りに洗濯する

 糞便からウイルスが検出されることがある

 

 8.ゴミは密閉して捨てる

● 鼻をかんだティッシュはすぐビニール袋に入れ、密閉して捨てる

 触れた手はすぐに石けんで手を洗う

本人は外出を避ける
同居家族も健康観察を行う
不要不急の外出は避ける

参考:厚労省ホームページ「家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~」

 

新型コロナウイルス感染症に係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話:0120-565-653(受付時間:9時~21時)
 

佐賀県電話相談窓口(コールセンター)

電話:0952(25)7485
ファクス:0952(25)7263
※受け付け:午前8時半から午後9時まで、土日祝日を含む
 

佐賀県内の相談窓口(症状がある場合)

  • 佐賀中部保健福祉事務所 0952-30-3622
  • 鳥栖保健福祉事務所 0942-83-2161
  • 唐津保健福祉事務所 0955-73-4186
  • 伊万里保健福祉事務所 0955-23-2101
  • 杵藤保健福祉事務所 0954-22-2104

※対応時間:平日 8時30分~17時15分。緊急時は、時間外でも警備会社経由で対応。

外国人相談窓口

 佐賀県は、新型コロナウイルス感染症に関する外国語の専用相談ダイヤルを運用している。電話すると通訳を介し県内の各保健福祉事務所などの相談窓口に三者通話でつながる。

 専用相談ダイヤルは電話092(687)5535。18言語で24時間対応(土日・祝日含む)。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口等情報(ガイドブック)

佐賀行政監視行政相談センター
https://www.soumu.go.jp/kanku/kyusyu/saga.html
 

このエントリーをはてなブックマークに追加