新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 佐賀県は4日、杵島郡白石町に住む90代女性の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。3日に感染を確認した、県内で飲食店を営む町内の60代男性と同居する母親で、この店と関連がある感染者は4人目。県内の感染確認は累計45人になった。

 県によると、女性に症状は出ていないが、県内の医療機関に入院した。介護サービスは利用しておらず、濃厚接触者はいない。女性は飲食店を営む息子と、その50代の妻と3人暮らしで、全員が感染した。

 県は4日、飲食店の常連客2人にもウイルス検査を実施したが、いずれも陰性だった。常連客の1人で、1日に感染が確認された白石町の70代男性が起点になったとみているが、この男性がどこで感染したのか経路はつかめていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加