嬉野市塩田庁舎

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、嬉野市はこのほど、市内に住む身体障害者向けに布マスクを配布した。市は4月上旬に市の備蓄から使い捨てマスクを配布したが、感染対策が長期化しているため、改めて対応した。

 対象者は394人で、布マスクは1人1枚。市内の縫製工場で製作され、市が約27万円かけて450枚購入した。市福祉課の担当者は「感染したときに重症化しやすい身体障害者に役立ててほしい」としている。

 また市は国の特別定額給付金、市の経済対策などの問い合わせに対応する市民向けコールセンターを設置した。開設時間は午前8時半~午後7時(土日祝日は午後5時まで)。センターの電話は(0120)976973。

このエントリーをはてなブックマークに追加