鳥栖市の小中学校にマスクと除菌剤を贈ったアルミスの余田貴司社長。右は橋本康志市長=鳥栖市役所

 新型コロナウイルス感染症の予防に役立ててもらおうと鳥栖市のアルミ製造販売・アルミス(余田貴司社長)が、市内の小中学校にマスク1万枚と除菌剤を贈った。4月30日に鳥栖市役所で贈呈式が開かれた。

 マスクは中国の工場を通して取り寄せた。除菌剤は事業用に用意していたものを贈った。

 贈呈式で橋本康志市長、天野昌明教育長は「学校にマスクがあり、予防ができるのは安心感になる」と謝意を述べた。余田社長は「支援が必要な子の予防対策が重要とも聞く。そうした子たちにもぜひ重点的に使ってもらえれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加