佐賀県は2日、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている県内のCSO(市民社会組織)に、ふるさと納税の寄付金やネット上の資金調達「クラウドファンディング」(CF)を活用し、1団体当たり原則10万円を給付すると発表した。コロナ禍に関し、CSOへの現金給付は「全国でも例がないのでは」という。