昨季のリーグ戦でゴールを決めたFW豊田(中央)。リーグ中断中には、サポーターにSNSなどでメッセージを送っている=昨年10月のFC東京戦(鳥栖市の駅前不動産スタジアム)

サガン鳥栖が公式ツイッターで公開している動画で、新型コロナウイルスの感染対策を呼び掛ける豊田陽平

今季のリーグ開幕戦・FC東京戦で、選手に指示を出すサガン鳥栖の金明輝監督=2月22日、川崎市の等々力陸上競技場

今季の初練習で新加入選手の動きを見守る金明輝監督(左)=1月、鳥栖市の北部グラウンド

Jリーグルヴァンカップが開幕し、声援を送る鳥栖サポーターら=2月、鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 新型コロナウイルスの感染拡大で、Jリーグの公式戦は2月下旬から中断している。サガン鳥栖は3月末から全体練習を休止し、選手は自宅でトレーニングを続けている。感染の終息が見通せず、リーグ再開のめども立たない厳しい状況の中、選手やスタッフは今何を思うのか-。チーム在籍11年目のFW豊田陽平と金明輝監督にメッセージを寄せてもらった。

「すべては終息と笑顔のために」 豊田

 -活動休止が続く中、選手はどう過ごしているか。

 選手たちは、皆さんと同じように、日々の不安やこの先の心配を抱えながら過ごしていると思う。危機感を持ちながらも、街の中や公園でのジョギングなど、少し体を動かしている。家でステイしていることも重要だと捉えているが、アスリートとしては、再開した時のけがのリスクを回避するため、他人に迷惑の掛からない範囲で、それぞれトレーニングを続けている。もちろん満足できる質や量とまではいかないので、コンディション維持や向上は難しい。

 -新型コロナウイルス感染拡大で困難な状況の中、SNSを通じてメッセージを積極的に発信している。

 個人的に発信する際には、WHY?(なぜ?)と問うようにしている。ただ発信すれば良いとは思わない。なぜ、今それを発信するのかを適切に判断することで、偽善ではない本当のメッセージになると信じている。

 特にクラブから発信する場合は、より公人としての役割を意識している。与えられるものや、感じてもらえるもの、楽しんでもらえるものが、幾分かあると考えている。少しでも力になれることがあれば、発信していくというスタンスは、今後も続けていくべきだと思っている。勇気を与え、不安を忘れられる時間として、役立ててもらえるならうれしいかぎりだ。

 -家で過ごすサポーターや子どもたちへメッセージを。

 本当に今までにないくらい皆さんも我慢に我慢を重ねて、ストレスが非常にたまっていると思う。たまっていないように感じていても、知らず知らずのうちに、圧がかかっているというところは、自分自身にもあると感じる。また、日本だけでなく、世界中の人たちも目に見えない恐怖とストレスを感じている。我慢や配慮の中でどう解消に近づけられるか、発散をするためにどう工夫するかが非常に大事になる。あふれかえっている情報の中から、自分にとって有益なものや必要なものを選び、大切な時間を作り出してほしい。

 そして必ず来る終息とリーグ再開を一緒に分かち合いましょう。

 僕らは決して諦めません。コロナが終息し、その後も、最後の最後まで力を出し切ります。また、佐賀では昨年の豪雨で被災された方々もたくさんおられます。困難が続き、気がめいることもあるかもしれませんが、一緒に力を合わせて「一岩」となって立ち向かっていきましょう。

 これまで何度も何度も、強敵や困難に打ち勝ってきたじゃないですか。

 すべては終息と皆さまの笑顔のために。

 

「できること最大限取り組む」 金監督

 -Jリーグの公式戦中断から2カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、サガン鳥栖も3月末から全体練習を休止している。影響は。

 今の状況では当然のこと。まずは命を守ること、感染を最小限に抑えることを最優先に考えている。試合再開になれば、みんなでゼロからスタートするというくらいの気持ちで取り組んでいく。今はステイホームで体力、筋力を維持するように、最低限できることを最大限取り組むということは、しっかり選手たちにアプローチしている。

 -活動再開後、改めてどういったチームづくりをしていくか。

 選手のコンディションを確かめながらやっていかなければならない。ただ、公式戦再開が決まってから、準備する時間がどのくらい確保できるかによって、やり方も大きく変わってくる。再開から逆算して、その中で自分たちに与えられた時間(練習できる時間)でできることをやっていく。

 -Jリーグの再開を待つサポーターへメッセージを。

 試合が再開されたらサポーターの皆さんに元気を届けられるようなサッカーをしていきたい。当然、試合の結果にもこだわるが、スポーツの持つ素晴らしさ、楽しさ、感動をお届けしたい。チームは来るべき時に向けて準備していく。また、皆さんと元気な姿で会える日を楽しみにしています。共に乗り越えましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加