佐賀県は1日、杵島郡白石町の70代男性の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。現時点で県内で発生しているクラスター(感染者集団)や他の感染者とのつながりは分かっていない。県内の感染者数は累計42人となった。男性の行動歴や接触者について調べている。

 県は、社員2人の感染が29日に確認された県内の運送会社の同僚20人にPCR検査を実施した結果、全員陰性だったと公表した。感染者2人のうち、白石町の50代男性はクラスターが発生している武雄市のナイトクラブ「イリュージョン」を訪れていた。

 また、県は感染の有無を調べるPCR検査に関し、大型連休明けにも1日で検査できる件数を現在の48件から2倍となる約100件に増強する。

 たんやのどの粘膜などの検体からウイルス遺伝子を抽出する前処理は、衛生薬業センターの職員らが手作業で進めているが、検査過程の一部に新たな機械を導入することで大幅な時間短縮につなげる。

 県が4月30日までにウイルス検査をした件数は1044件に上っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加