個人住宅を建築する際に確認申請を怠ったとして、佐賀県は30日、県内の2級建築士の男性に対し、5月1日から2カ月の業務停止処分にしたと発表した。県が建築士法に基づいて建築士を処分するのは、2002年度以来。