カーネーションやバラを箱に詰めた「フラワーボックス」

トルコキキョウやカーネーションなどの生花を挿した「ホリゾンタルアレンジ」

カーネーションなどに、ハーバリウムを添えたギフトセット

生花のほか、色のついた砂と造花をアレンジした「サンドアート」などをそろえる渡辺花屋=佐賀市兵庫北

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛の要請が続き、もやもやとした気分の人も多いことでしょう。こんな時、美しい生花が私たちの心に潤いを与えてくれます。10日は「母の日」です。渡辺花屋(佐賀市兵庫北)の渡辺みどりさんに、県産の生花を使った人気のアレンジメントを紹介してもらいました。

 近年、贈り物として注目を集めているのは、箱に生花を詰めた「フラワーボックス」(4400円)。持ち運びが容易で花が傷みにくいため、男性客がよく買い求めるといいます。渡辺さんは「ふたを開けた時、感動がある。玄関やリビング、キッチンなど目に入りやすい場所に置くと、心が晴れやかになる」と薦めます。

 木箱に生花を挿した「ホリゾンタルアレンジ」(5500円)は、県産のカーネーションやバラ、トルコキキョウなどが彩ります。

 写真映えするドライフラワーが近年人気ですが、生花についても淡い色合いのものの人気も高まっています。渡辺さんは「落ち着いた雰囲気、おしゃれな感じが幅広い世代に好まれているのでしょう」と話します。

 「思いを長く残せる」と薦めるのは、定番の赤いカーネーションを中心にしたアレンジメント、花を瓶に入れて専用オイルを注いだ「ハーバリウム(植物標本)」のギフトセット(5500円)です。生花が日持ちするのは1週間から10日ほどですが、ハーバリウムは長いもので約1年間もつそうです。

 「県産の生花を贈り、少しでも業界を盛り上げてもらえれば」と渡辺さん。自宅で過ごす機会が増えている今、「室内を華やかにする生花で感謝の気持ちを伝えてみては」と提案しています。

DATA

  • [住]佐賀市兵庫北5-15-19
  • [電]0952(31)8764
  • [営]8時半~19時
このエントリーをはてなブックマークに追加