反原発団体「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」は30日、九州電力に玄海原発(東松浦郡玄海町)の停止を求める要請書を提出した。1203筆の署名も添えた。

 要請書では、中央制御室の運転員らが新型コロナウイルスに感染した場合、交代要員を確保できるのかを指摘した。また感染拡大が続く状況下で重大事故が起きれば、避難者同士での密接や密集を避けるのは困難と主張している。

 署名は、12カ国と43都道府県から集まった。

このエントリーをはてなブックマークに追加