青森県西目屋村の職員(右)から現金10万円の「特別定額給付金」を受け取る女性=30日午後

 新型コロナウイルスの緊急経済対策として、1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」の給付が30日、一部自治体で始まった。北海道東川町では、地元金融機関が同額を無利子融資で先払いする独自の手法で事実上の給付を開始。青森県西目屋村では、職員が高齢者らの自宅を訪ねて10万円を手渡しする予定。

 ただ給付対象者が多い大都市では、申請書の郵送などの事務作業に時間がかかるといった理由で、給付開始のめどが立たない自治体が目立つ。

 東川町の給付について総務省の担当者は「国の事業とは異なる方法だ。対象者に漏れなく給付してほしい」としている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加