メモリードグループの斎場となった「陽光苑」=鳥栖市藤木町

 冠婚葬祭事業を展開するメモリード(本社・長崎県長与町、吉田昌敬社長)は4月から、鳥栖市藤木町の斎場「陽光苑」の2施設をグループに加えた。同グループが運営する斎場は佐賀県内で21施設となる。

 鳥栖市の地元企業約20社が出資し、同施設を運営していた鳥栖セレモニーを子会社化した。運営は従来通りで、「社員の雇用や取引業者は維持する」としている。

 吉田社長は「『鳥栖にもメモリードの斎場を』という声にやっと応えることができた。地域のお役に立ちたい」と話している。

 鳥栖商工センターの東側に本館と2番館雅ホールがある。本館は大・中ホールがあり、最大250人収容できる。家族葬専用の2番館雅ホールは30人収容できる。それぞれバスルーム、キッチンなども備える。問い合わせは、電話(0120)077450。

このエントリーをはてなブックマークに追加