政府の布マスク配布に関して予算執行を停止し、その分を学生支援に充てるべきと主張した大串衆院議員=衆議院予算委員会

 新型コロナウイルス感染防止策として政府が配る布マスクに関し、立憲民主党の大串博志衆院議員(佐賀2区)は28日の予算委員会で、総額466億円の予算執行を中止し、生活が苦しくなっている学生の支援に回すよう求めた。安倍晋三首相は、布マスク配布を継続する考えを示した。

 大串氏は、布マスク配布を批判しつつ、経緯をただした。安倍首相は「マスクの急激な需要拡大に追いついておらず、店頭は品薄状態が長引いている」とし、「マスクが手に入らず困っている方がいるとの認識のもと、国民に幅広く配布することにした」と説明。「(既に配布した人からは)息苦しいなどの声は届いていない」と述べた。

 配布率が4%にとどまっていると指摘した大串氏は「アルバイトができなくて退学を検討している学生がいる。布マスクの予算を学生支援に充てることは、国民も理解するのでは」と再考を求めた。

 安倍首相は「(マスクを)手元に置いてもらうことで安心していただける。布マスクとの併用でマスク需要の拡大状況をしのげるという話もあり、そのような効果を待ちたい」などと答弁した。

このエントリーをはてなブックマークに追加