地域を見守る守護神 秋には伝統芸能を奉納

地域の秋の風物詩「久原浮立」。参加者は約5㎞の道のりを巡行する

 地域の守護神“権現さん”として古くから親しまれる神社。平安時代の久安年間に、松浦党(まつらとう)の党祖・源直(みなもとのなおす)が、久原の城山に城を築き、その守護神として飯盛神社を建立したのが始まりとされます。何度か場所を移し、1876年、現在の場所に鎮座。毎年10月の例大祭「山代くんち」では、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願し、浮立が奉納されます。

 

DATA 

 飯盛神社 
[住]伊万里市山代町久原
[☎]0955-28-2220(久原一区事務所)

 

 

久原販売店 山口末次郎さん
「久原浮立は、飯盛神社のほか、八幡神社、弁財天神社など地区の神社に奉納されますよ。演技や舞をぜひ見てください!」 
【販売店DATA】
[住]伊万里市山代町久原2907-2
[☎]0955-28-2351

このエントリーをはてなブックマークに追加