昨年の総合開会式=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 新型コロナウイルスの感染拡大で8月の全国高校総体(インターハイ)が中止になったことを受け、佐賀県高校体育連盟は27日、5月末に開幕予定の県高校総体について対応を協議し、「実施可否を検討している」と説明した。

 県高体連は現在、県内の感染状況や休校措置などの動向を注視しており、県高校総体の可否判断の時期は決まっていない。既に学校からの参加申し込み受け付けが始まっており、開催に向けた準備を進めている。

 26日にインターハイの中止を決めた全国高体連は、安全に部活動ができる状況になれば3年生に発表の場を設けるよう、各都道府県の高体連に検討を呼び掛けている。これについて県高体連は「現時点では代わりの大会については予定していない」と話した。

 県高校総体は、30競技に約7000人が参加を予定している。県高体連は会場を無観客にして消毒を徹底するなど感染防止対策を取り、一部競技は日程を延期しての開催を模索している。

このエントリーをはてなブックマークに追加